京都弁当物語
京都弁当物語 » 宅配弁当サービスとは? » 宅配弁当業者の選び方

宅配弁当業者の選び方

宅配弁当を依頼する際に注意すべきポイント

配送エリアをチェック

宅配弁当業者に注文する前に最初にやるべきことは配送先が対象エリア内にあるかどうかです。メニューを見て気に入った弁当が見つかっても、そもそも配送エリアから外れていれば届けてもらうことができないからです。また注文金額によってエリアが変わるお店があるので要注意です。

重要なポイントは依頼元ではなく配送先の場所であること。いつも会社で利用していて美味しいので自宅でも注文しようとしたらエリア外だったということもあります。それとは逆で、京都のイベント会場が対象エリアの業者に東京の会社が手配して、当日配送してもらうことは可能です。

弁当の種類が豊富か

宅配弁当を依頼するケースは様々ありますので、弁当の種類が豊富かどうかは重要なポイントの一つになります。種類がないと選択肢が減ってしまうからです。社内会議用なら安くてボリュームたっぷりでよくても、接待用となると高級感があって満足できる味わいのものが求められます。

また長期間の研修やセミナーで毎日弁当を注文するケースでは弁当のバリエーションが少ないと飽きてしまいます。その他、法要・法事やお花見などの行楽時に頼みたい弁当などシーンによって変わりますので、その時々の状況に応じて注文かできることが望ましいのです。

最低注文料金を確認

弁当を注文する際に料金についてはすぐに確認する人がほとんどでしょう。大勢が集まる場所で依頼する際には予算が決められていることも多いためできるだけコスパのよいものを選びたいところです。そこで注意したいのが最低注文料金が設定されているお店での依頼です。

中には弁当の個数を指定しているケースもありますが、最低○円からとなっているお店が多いので必ずチェックしするようにしましょう。特に気をつけたいのが配達エリアと最低注文料金がセットになっている場合です。遠方になればなるほど最低注文料金は上がりますので配達エリアもいっしょに確認してください。

配達時間を確認

自分が希望する時間に弁当を届けてくれるかどうかも重要なチェックポイントです。平日の昼間の時間帯ならばそれほど気にしなくてもほとんどのお店で対応できますが、宅配弁当が必要になるシーンは様々なので場合によっては配送してもらえないこともあります。

配達時間を確認する際に気をつけたいのはお店の営業時間と配送時間が必ず一致しているわけではないということです。お店自体は日・祝休みでも配達には対応しているということもありますし、中には24時間配送可能のお店もありますので営業時間とは別にチェックしてください。

何時まで受付か確認

意外に見落としがちになってしまうのが宅配弁当注文の受付締切日時です。注文すればすぐに届けてもらえるわけではありません。前日の○時までとなっていることがほとんどなのですが、締切が3日前だったり大量注文の場合は1週間前までということもあります。

特に料理職人が一点ずつ丁寧に作る高級弁当は完成まで時間が必要になるため、長くかかりがちですし個数に限度がある場合もあります。逆に弁当の種類によっては当日注文で当日配達可能なものもあるので、注文の受付締切については必ず確認するようにしましょう。

支払い方法を確認

宅配弁当の支払い方法は現金(代引き)が基本となっています。中にはクレジットカード決済に対応していたり、依頼元が法人(事業者)の場合は請求書を発行して銀行振込に対応していることもあります。

すぐに現金が準備できない、当日に支払いするのが難しいという場合にはどのような支払い方法に対応しているのかチェックするようにしてください。最近ではPayPayなど新しい決済方法に対応するお店もありますので、以前より決済が簡単にできる傾向にあります。

食べログ評価で選ぶ
京都宅配配達弁当会社3
  • 24時間365日対応!

    穂久彩

    食べログ評価:

    3.36

    価格帯
    560円~2,880円(税込)

    穂久彩公式サイトへ

  • 100年の伝統がある弁当!

    南洋軒

    食べログ評価:

    3.20

    価格帯
    440円~5,400円(税込)

    南洋軒公式サイトへ

  • 創業20年の幅広いメニュー!

    花萬

    食べログ評価:

    3.06

    価格帯
    1,200円~8,500円(税別)

    花萬公式サイトへ

   

※2019年8月31日現在の情報です。